はてなブログからワードプレスに乗り換えて3ヶ月。双方のメリット・デメリットをまとめる

ブログ運営
スポンサーリンク

僕はしばらく「はてなブログ」の無料版でブログを続けてきましたが、WordPressで新しく作って3ヶ月が経ちました。そろそろWordPressの方にも慣れてきて、双方のメリット・デメリットがわかってきたような気がするのでまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

はてなブログのメリット・デメリット

はてなブックマークと読者機能がある<Good!>

はてなブログには「はてなブックマーク」という機能があります。WordPressをはじめ、はてなブックマークはどのブログサービスでも利用可能ですが、はてなブログのほうがブックマークが付きやすいように思います。ブックマークがたくさんつくと、注目エントリーのページに掲載されるなど、自分のブログが人の目に触れる機会が多くなります。

はてなブログには読者機能もあります。RSSリーダーみたいなもの。自分のブログの管理画面に「購読中のブログ」としてタイムラインのように表示され、更新された記事が見られやすい印象を感じました。

はてなブックマーク・読者機能の2つのおかげで、はてなブログは始めたての人でもPVの増加を狙える要素が多く用意されていたように思います。

デザインのカスタマイズ性の低さ<Bad…>

はてなブログには、有志によって作成されたものを含め、さまざまなデザインテーマが用意されており、いろいろなデザインに変えることができます。しかし、細部のカスタマイズ(HTML・CSS等)の自由度は低め。

収益化のしにくさ<Bad…>

はてなブログは収益化しにくいです。できないわけではないです。

AmazonアソシエイトやGoogle Adsenseは利用できます。しかしながら、アドセンスは有料版でないと審査が通らない(独自ドメインが必要条件なため)し、有料版とドメイン契約してまではてなブログを続けるのか、ってくらいならWordPressやったほうが自由度が高くてコスパは高いのかも。そこは人それぞれの感じ方による。

あと、収益化が主な目的だと判断される程度のアフィリエイトはダメみたい。運営の目につくと、ブログ永久非公開などの始末を受けます。こわい。

WordPressのメリット・デメリット

自由度が高い<Good!>

WordPressの最大の特徴でもあるのが、自由度の高さ。

はてなブログにもさまざまなデザインテーマが用意されていますが、それを上回る数のテーマがWordPressには用意されています。また、カスタマイズについて書かれている情報もたくさんあり、HTML・CSSの知識等があまりなくとも、それらの情報を参考にしていくだけで立派な見た目に仕上げていくことができます。

収益化もどこまででもできます。アフィリエイトサイトも作れる。

始めるまでの手間<Bad…>

はてなアカウントを作ればすぐにブログを開設して記事を書けるはてなブログと比べ、WordPressはブログ開設までの手順が面倒。サーバーを選んで、ドメイン(Webアドレス)を取得し、サーバーとドメインの紐付け、WordPressのインストールなどなど、はてなブログより幾分も手間がかかります。調べながらやって初期設定に1時間くらいかかりました。そういう手間が1つ目のデメリット。

ちなみに僕の契約しているサーバーについて書いているので良かったら読んでみてください

初期のアクセス数は得にくい<Bad…>

WordPressでブログを始めてしばらくの間はアクセスを得るのが難しいです。

いかにSNSを活用できるか、というので変わってきます。実際僕のブログへの流入元の比率は「SNS:検索=9:1」くらい。SNS(Twitter)なしでは成り立ちません、このブログ。

まとめ

ひとによって用途が違うと思うし、どっちが絶対に良い、っていうのはないです。

単に文章書くのを楽しみたいだけなら、はてなブログ

収益化狙い・カスタマイズ性重視なら、WordPress

そんな風に感じました。参考になれば。

この記事を書いた人

大学生ブロガー。Uber Eats配達パートナー。
雑記ブログ「けーごまどっとこむ。」運営。
18歳、横浜在住、一人暮らし。趣味は音楽、特に邦ロックが好き。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ・お仕事の依頼についてはこちら

けむをフォローする
ブログ運営
スポンサーリンク
けーごまどっとこむ。