自宅回線がWiMAXって正直どう?自宅でWiMAX 2+を1ヶ月使った感想

レビュー記事
スポンサーリンク

引っ越しをしてからしばらくの間、自宅のインターネット回線を何にしようか迷っていたのだが、月額料金の安さに惹かれてWiMAXを契約した。個人的に初めてのWiMAX、利用し始めて1ヶ月が経ったので使用感をレポートしていこうと思う。

自宅のネット回線、WiMAXは候補に入れても良いのだろうか?

スポンサーリンク

けむ宅のインターネットステータス

ルーター:Speed Wi-Fi HOME L02

プロバイダー:GMOとくとくBB

月額料金:1,2ヶ月目…2,170円、3~36ヶ月目…3,480円(全て税抜)

速度はどう?

インターネットの回線で1番気になるのは、やはり通信速度とその安定性だろう。実際の速度はどうなのか、朝・昼・夕方・夜・深夜の5回に分けて、speedtest.netにて速度計測を行った。コンディションは、ハイスピードモード(WiMAX 2+)の電波2本(4本中)。エリアマップの記載ではしっかりと圏内なのだけれど、電波が4本立つわけじゃないんだね。

朝(2019/05/22 9:55)

昼(2019/05/24 11:35)

夕方(2019/05/20 17:05)

夜(2019/05/21 21:45)

深夜 (2019/05/20 0:00)

この5枚を見てみると、ダウンロードはそこそこ速い。ただ、アップロードは遅め。普段使いにはあまり支障をきたさないが、YouTubeに動画を出す、Googleフォトで写真や動画のバックアップをする、といったアップロードの作業をするひとにとってはWiMAXは向かないだろう。また、ダウンロードの速度も光回線には到底及ばないのでオンラインゲームにもあまり向かないと思う。

安定性に関してはまあまあ。基本、速度はある程度出ている。ただ複数台で同時に通信を行うと、めちゃくちゃ遅いと感じることがあった。

また、WiMAX 2+には3日で10GB以上の通信を行うと夕方から夜にかけて一時的に1Mbpsまで速度制限がかかる。1回Netflixを観まくって速度制限を経験したことがあるが、結構つらい。YouTubeの動画を240pで観るのが精一杯な程度だった。ただ、「全く使えない」速度ではないからそこまで不便ではない。

WiMAXのメリット・デメリット

WiMAXを契約してよかったこと・悪かったことを書いていこうと思います。

すぐにネットが使えた

WiMAXは光回線と違い、開通に工事は要らない。そのため、申し込んでルーターが届けばすぐにネットが使えるようになる。実際、申込みからルーター到着まで2~3日ほど。日程調整、工事含め数週間かかる光回線よりは圧倒的に早い。

月額料金が安い

僕は「GMOとくとくBB」ってところのプロバイダーでWiMAXを申し込んだが、1,2ヶ月目は2,170円、3~36ヶ月目は3,480円(全て税抜)で利用できる。光回線と比べるととても安い。

3年縛りがある

WiMAXは3年契約で、携帯電話と同様に自動更新制だ。そのため、更新月以外での解約には違約金9,500円(税抜)が必要。3年って中途半端だよね。

まとめ・感想

WiMAXを自宅回線として使うのは人を選ぶと思う。速度だけ見れば、普通に使う分には困らないと思えるかもしれない。ただ、アップロード速度が遅いのは割と痛い。写真・動画のバックアップ、クラウドストレージの利用など、結構アップロードの作業を行う僕にとってはとても不便に感じた。ただ、これらを行わなかったら死ぬってわけではないし、それ以外に関しては概ね満足しているので、契約終了まではしっかり使って、3年後に別のところへ乗り換えようと思う。

インターネットのライトユーザーならWiMAXをおすすめできるだろう。だが、自宅にはやはり固定回線をしっかりと引くほうが良い。

自宅でWiMAXを使おうか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

この記事を書いた人

大学生ブロガー。Uber Eats配達パートナー。
雑記ブログ「けーごまどっとこむ。」運営。
18歳、横浜在住、一人暮らし。趣味は音楽、特に邦ロックが好き。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ・お仕事の依頼についてはこちら

けむをフォローする
レビュー記事暮らし
スポンサーリンク
けーごまどっとこむ。