初ライブ初フェスの僕が書く「メトロック2019 東京」1日目レポート

メトロック東京 ライブレポート

僕はこれまでフェスにもライブにも行ったことがなかった。地元にライブハウスがないわけでもなく、邦ロックが嫌いだった(むしろ好き)わけでもない。だが、なぜかフェスにもライブにも行ったことがない。そんな中でメトロック2019東京初日の今日、やっと「フェス童貞卒業の日」を迎えられ、しかもめちゃくちゃ楽しかったので、その様子をつらつらと書き連ねていこうと思う。 未だに余韻が凄い。

スポンサーリンク

メトロックとは?

メトロック(METROPOLITAN ROCK FESTIVAL)は5月下旬(2019年は25日、26日)に行われる野外ライブ・フェスのこと。2013年に始まり、今年で7回目。会場は、新木場にある若洲公園。個人的に新木場にも初上陸。新木場にはSTUDIO COASTというライブハウスがあるのだが、そこにも早く行きたい。ウズウズしてしょうがない。

ライブ中の撮影・録音は禁止だったため、代わりに公式SNSの投稿を引用させていただき、感想中心に書いていこうと思う。ただし、覚えている範囲で書いているので、曖昧な部分もあるかもしれないが、そこはご承知いただきたい。

ライブリポート

時々敬称つけたりつけなかったりします

フレデリック

オープニングアクトはフレデリック。「オドループ」から始まり、1曲目から会場の熱気は一気に急上昇。時々入れてくる、健司さんの煽りはカッコいい。サウンドをリピートして、リピートして、リピートして。心地よいメロディはとてもノリやすかった。初めて聴く曲でもとても楽しかった。てか音響すごいな、って思った。初フェス、低音がバチバチに響いてくる。ベース、ドラムのバスドラ・タム・シンバル・スネア、ギター、そしてボーカル、何ひとつ潰れることなく響いてきた。にわかなので「オドループ」と「オンリーワンダー」しかちゃんとわかっていないような人間であったが、それでもフレデリックの特徴や良さというものが強く伝わってきた40分だった。

  1. オドループ
  2. 飄々とエモーション
  3. KITAKU BEATS
  4. まちがいさがしの国
  5. シンセンス
  6. 逃避行
  7. エンドレスメーデー
  8. オンリーワンダー

レルエ

一緒に行った友達に激推しされていたバンド、レルエ。前日に数曲聴いた程度で、「あ、これ聴いたことがある、でも題名なんだっけ」っていう状態だった、申し訳ない。どこか爽やかな、どこか色気のある、どこか大人な感じのするロックサウンドだった。めっちゃ好き。Key.のsayaさん、バイオリンも弾けるということをライブ中に初めて知り、とても驚いた。こういう言葉でまとめてしまうのもどうかと思うが、エモすぎた。これからもっと聴き込もう。

ここでちょっと休憩。まだ、5月なのに30℃超えの真夏日ってどうかしてるよ。そう思いながら、話をしながら、漏れてくるKEYTALKの音を聴きながら軽くお昼ご飯を食べた。MONSTER DANCE、踊れや騒げや…。

山本彩

僕は、アイドルについてあまり詳しくない。彼女に関しても元アイドルっていうイメージしかなかった。曲をこれまでに聴いたことがなかった。「一緒に行った友達が好きだったから」という理由ひとつで彼女のステージを見に行った。だが、今までのその浅いイメージはそこで見事に覆された。かわいい、それでクールなサウンド、ギターもできて歌唱力がある。こんなパーフェクトなひとがいただろうか。つまり何が言いたいかというと、惚れた。皆が惚れる理由もよく分かる。

  1. JOKER
  2. 喝采
  3. ひといきつきながら
  4. イチリンソウ
  5. Let’s go crazy
  6. Are you ready?

KANA-BOON

KANA-BOON。「ないものねだり」から始まり、ハイテンポな楽曲をいくつか放っていく。そしてMCが挟まり、昨年完成した「新しいKANA-BOON」から1曲、メロディアスな「ネリネ」を披露。この曲調、結構好きだ。そこからは、「シルエット」「フルドライブ」と疾走感ある曲を演奏し、最後は最新曲「まっさら」でKANA-BOONのステージは幕を閉じた。定番曲では、友達と一緒に盛り上がっていた。こうやって好みを共有できるの良いな、って思いながら演奏を聴いていた。

  1. ないものねだり
  2. タイムアウト
  3. ウォーリーヒーロー
  4. ネリネ
  5. シルエット
  6. フルドライブ
  7. バトンロード
  8. まっさら

夜の本気ダンス

夜ダン。いろんなタイミングで聴く機会があって、その度に良いな、って思いながらもなかなか深くまで聴けてないバンドのままでいた。Crazy Dancerを聴きながら、ステップを踏みながらエリア入り。夜の本気ダンス、名前の通りマジで踊れる曲ばかり。そこまで詳しくはなかったが、このアクトを見てもう大好きになった。これからめちゃくちゃ聴いていこう。

  1. Crazy Dancer
  2. By My Side
  3. Take it Back
  4. WHERE?
  5. TAKE MY HAND
  6. 戦争

UVERworld

crewが凄え。リハから、ボーカル不在の中crewたちで歌うんだもん。リハの曲は「ナノ・セカンド」だ。途中横からTAKUYA∞も歌っちゃうし、もうその時点でカッコよさは格別。そしてステージスタートの17時40分。メンバーが現れ、最後に自転車を乗り捨てたTAKUYA∞が飛び込んできた(公式インスタにその様子がアップされている)。他のアーティストとは歓声の上がりようが違った、めちゃくちゃ盛り上がっていた。後ろから押されるし、満員電車のような密度の中で皆が酔いしれているので、もう立っているだけで精一杯だったが、もうそんなことはどうでも良かった。目の前にUVERがいるのだから。それは映像じゃなくて本物なのだから。TAKUYA∞のMCは熱いし、元気をもらえる。「夜の本気ダンスと喋るとネタにされるからあんまり喋らない」だとか、アーティスト同士の関わりについても話してくれたのも嬉しかった。女はもちろん、男でも惚れる男たち、それがUVERworld。それを強く感じさせるステージだった。

  1. 7th Trigger
  2. Don’t Think. Feel
  3. ODD FUTURE
  4. EDENへ
  5. ALL ALONE
  6. PRAYING RUN
  7. Touch Off
  8. IMPACT
  9. Ø choir

[ALEXANDROS]

この日、個人的に1番見たかったバンド、トリを務めた[ALEXANDROS]。ここ最近相次いだメンバーの負傷でどうなるかと不安だったが、磯部さんに対してはパイプ椅子で対応し、ドラムにはBIGMAMAのリアド偉武がサポートに入った。リアドさん、めちゃくちゃイケメンだった。ようぺ本人も「顔はこのままでいてほしいですね(笑)」というほど。

「starrrrrrr」のイントロのギターが鳴った瞬間、会場の熱気は急上昇。最新曲、アルバム曲、シングル曲、途中にはシャンペ時代の曲も挟みながら、1曲ごとに会場のボルテージは上がっていき、本人たちは気持ち良さそうに演奏を楽しんでいた。そしてAdventure終了後、一旦退場。アンコールの拍手がちくはぐだったが、しばらくして本人たちは再登場。もちろん、歓声が上がった。「いや、気持ちいいですね。新曲やっていいですか?」の言葉に驚いた。正直、新曲は「Pray」しかやると思ってなかったからだ。アンコール1曲目、本人曰くメトロック前日に99%完成した新曲、現在は清涼飲料水アクエリアスのCM曲となっているまだタイトルの決まっていない新曲を披露してくれた。めちゃくちゃ嬉しかった。そしてこの1日を締めくくる最後の曲は、やはりワタリドリ。サビのアカペラ大斉唱からスタート。朝9時に新木場についてからの1日、あっという間に時間は過ぎていった。いろいろなことを思い出しながら、その間ちょっと涙腺が緩みながら、今出せる精一杯の声を出して歌った。

ドロスめっちゃカッコよかった、改めて惚れた。今度は、サトヤスさん含め、全員が元気な状態のライブを見に行きたい。

  1. starrrrrrr
  2. アルペジオ
  3. Dracula La
  4. Girl A
  5. Mosquito Bite
  6. Kick&Spin
  7. PARTY IS OVER
  8. Pray
  9. Adventure
  10. タイトル未定の新曲(encore) → 「月色ホライズン」に決定
  11. ワタリドリ(encore)

まとめ

結局一言で言ってしまえば、それはもう全部良かった。田舎者っぽい思考みたいになってしまうのだが、目の前に有名人が現れると「え、本当にいるんだ、画面の中にいるんじゃないんだ」というので見ただけで興奮する。音楽を聴くだけで酔えた。体バキバキだけどそんなことどうでもいいくらいに楽しかった。

知ってるやつでも知らないやつでも邦ロックが好きなら十分に楽しめる。初フェスがメトロックで本当に良かった。見たやつ改めて全部聴き込む。

この記事を書いた人

大学生ブロガー。Uber Eats配達パートナー。
雑記ブログ「けーごまどっとこむ。」運営。
18歳、横浜在住、一人暮らし。趣味は音楽、特に邦ロックが好き。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ・お仕事の依頼についてはこちら

けむをフォローする
ライブレポート
スポンサーリンク
けーごまどっとこむ。