「はじめてのキャッシュレス決済」をニュースで流すのやめようぜ

疑問
スポンサーリンク

今日から10月。消費税は10%へと増税された。

テレビのニュースには必ずと言っていいほど消費増税について取り上げていて、同時に絶対に取り上げているのがキャッシュレス決済だ

キャッシュレス決済は文字通り現金(cash)を使わない決済の仕方だが、最近巷で話題になっているのは主にQRコードを使った「スマホ決済」という意味。PayPay、origami Pay、d払い、などなど例を挙げればキリがない。

キャッシュレス決済の最大の特徴と言っていいのがポイント還元。2019年10月〜2020年6月の間、つまり消費税増税から9ヶ月間は、キャッシュレスの決済方法(スマホ決済、Suica等交通系IC、クレジットカード)を利用すると、中小店舗なら5%、大手チェーンのフランチャイズ店舗なら2%の還元が受けられるようだ。

だからなんだって話

さっきニュースを見ていたら「はじめてのスマホ決済」と言ってお年寄りの人が苦労しながらPayPayを使っている映像が流れた。

「記者の後押しもあり、なんとか支払い画面へ」
「5分後、ようやく決済が完了した……」





いや、そこまでしてスマホ決済する必要ある????

たぶんその人、面倒だからって次からまた現金支払いに戻るよ。実際目の前で5分かけて支払う姿を想像すればその理由はわかる、想像しなくともなんとなくわかる。後ろからの視線の圧力、徐々に伸びていく客の列、それを見た店員側の心の内に秘めた文句、etc……………….

そこまでして使いたいとは思わない。自分はめちゃくちゃ使うけれど。

消費税増税について「は?????」って思うものは他にもある。軽減税率。客側にとっては一部8%維持でいてくれるのは嬉しいけど、店側にとっては混乱でしかない。だって世の中に消費税8%のものと10%のものと2種類の税率が存在することになるんだもん。それに対応したレジがいるじゃん。そこでレジ購入の負担を軽減するために「軽減税率対策補助金」というものがあるらしい。レジの購入金額に応じて、購入金額の4/5または3/4が補助されるというもの。

キャッシュレス決済についても「加盟店手数料補助」といって、キャッシュレス決済が行われたときに店側に発生する手数料のうち1/3が補助されるらしい。

補助金のための政府の予算は1,000億円を超えるみたいで、なんのために消費税増税をやっているのかよくわからなくなる。このままだと社会保障がままならないからやってんじゃないの?お金ないからやってんじゃないの???と叫びたくなる。そのための先行投資なのだろうけど、1,000億円って数字を見るとどうなんだろうって思う

あ、そうそう話が逸れた、キャッシュレス決済について書いているんだった

この前中国に行ってきて、そこで感じたのはキャッシュレス率の高さだった。みんなスマホで決済している。店での支払いも、タクシーも、バスも、全部スマホで。クレジットカードですらなかった。スマホ決済しないのはほぼ旅行客だけ。

店では必ずと言っていいほどAliPayかWeChatPayの表示を見かけた。日本と違うのは、この2つが中国モバイル決済シェアのほとんどを占めていること。対して日本。PayPay、origami Pay、楽天ペイ、d払い、LINE Pay、au Pay、ゆうちょPay、メルペイ、QUOPay…………

思いつくだけでも多すぎ。3つくらいにまとめろ。だから普及率悪いんだよ。たぶん。昔の携帯の料金プラン並みにわかりにくい。普及率上げたいなら、わかりやすくしてくれ。使いやすくしてくれ。還元率あげるより、操作性あげてくれ。

この記事を書いた人

大学生ブロガー。Uber Eats配達パートナー。
雑記ブログ「けーごまどっとこむ。」運営。
18歳、横浜在住、一人暮らし。趣味は音楽、特に邦ロックが好き。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ・お仕事の依頼についてはこちら

けむをフォローする
疑問雑記
スポンサーリンク
けーごまどっとこむ。