購入から5ヶ月目でSurface Pro 6がぶっ壊れた話。

雑記
スポンサーリンク

僕の使っているパソコンは、今年の春に買ったばかりのSurface Pro 6。

スペックも上々で気にいっていたのだが、ある日突然と電源がつかなくなった。作業中、突然電源が切れ、起動することができなくなったのだった。

真夜中に突然と故障したので誰も助けてくれるはずもなく、次の日、悪夢にうなされて起きた直後にサポートに連絡した。

サポートは9時〜18時まで。待つために特にしたことは何もなく。結局1日だらけてしまった自分に、あとずっと待っていたのに結局ギリギリになるまで折り返しの電話が来なかったこと(電話中に折り返しの着信が来ていたので、別に忘れていたわけではなかったみたい)に少々イライラしながら自分からかけ直したのだった。オペレーターの人に繋がるまでのBGMももう聞き飽きたわ、と思っていると、今度はすぐに対応してくれた。

「電源ボタン30秒間押し続けてみてくださーい」という指示に従ってみるも、起動するはずもなくただWindowsロゴが出たり消えたりの繰り返し。結局「交換」ということになった。

こんなことを言いながら、言われた通りに梱包して着払いで送る。

到着から5営業日以内に新品を発送すると言われたので、まあ気長に待ちたいと思う

というわけにもいかない。

作業中に電源が落ちたのだから、作業していたデータは消えちゃったわけだし、それを作り直さなければいけない。まさか10万を超えるパソコンが、初期不良ならまあわからなくもないが、そういうわけでもなく半年以内に突然壊れるなんて思うわけがないじゃん。だからOneDrive(Microsoftのクラウドストレージ)に保存はしていなかったため、「続きから遊べるドン!」とかそういうのは全くない。むしろ「もう1度遊べるドン!」である。

あと、修理じゃなくて本体丸ごと交換っていう扱いね。もしかしたらそれも短期間で故障するかも、っていう不安が残る。どっちにしろ今はとりあえずノートでもデスクトップでもいいからパソコンが必要だ。

いろいろと考えた結果、僕は

銀座のApple Storeへとやって来たのだった。

この記事を書いた人

大学生ブロガー。Uber Eats配達パートナー。
雑記ブログ「けーごまどっとこむ。」運営。
18歳、横浜在住、一人暮らし。趣味は音楽、特に邦ロックが好き。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ・お仕事の依頼についてはこちら

けむをフォローする
雑記
スポンサーリンク
けーごまどっとこむ。