【2019最新版】今でもWindows XPは使える?セキュリティ面は?使えるソフトは?

テクノロジー
スポンサーリンク

元号も平成から令和へと変わった今でも、世界で使われているパソコンのうち、約2~3%はWindows XPが使われています。サポート終了から5年が経っても人気があり、もしかしたら皆さんの中にも使い続けている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、サポートが終了したOSの利用には当然のようにセキュリティ上のリスクが伴います。今回はWindows XPが今でも使えるOSであるかどうか、様々な面から見ていこうと思います。

スポンサーリンク

ウイルスセキュリティはどうすればいい?

人気だったOSでも、サポート終了から7年が経てば対応するソフトも少なくなります。今でも使えるソフトの例として、

の3つを挙げておきます。以前はAVGも使えましたが、さすがに限界がきています。

ウェブブラウザは何を使う

サポートが終了し、脆弱性が放置されたブラウザでネットサーフィンするのはさすがにいただけないので、今でもXP向けに更新されているブラウザを使いたいものです。しかしながら、そのようなブラウザは今では存在しません。(2年前ならFirefoxなどが使えた)

つまり、完全オフラインで作業を行うのが無難です。

文書作成のソフトはどうしよう?

無料のLibre Officeが利用できます、2年前のバージョンで。ただ正直、2年前ってのは…というところ。セキュリティ面で懸念されますね。オフラインで使えばあまり関係はないのですが。

つまり何が言いたいかというと

そろそろ限界。Windows XPは2014年にサポートが終了しても、しばらくの間一定のシェア率を保っていた人気ぶりでした。ただ、そのサポート終了から今では5年が経過しています。完全なオフライン状態で使えばウイルスに感染する心配はあまりありませんが、スペック面、対応ソフト数の減少から、このままWindows XPを使い続けるにはそろそろ限界なのかも。来年2020年には、Windows 7のサポートが終了しようとしているくらいですから。

でも、このままXPパソコンを放置しておくのはもったいない。そんな方は軽量なLinux OS(Lubuntu等)をインストールすればネットもできるし、簡単な文書作成もできるしで、今でも使い続けられると思います。

この記事を書いた人

大学生ブロガー。Uber Eats配達パートナー。
雑記ブログ「けーごまどっとこむ。」運営。
18歳、横浜在住、一人暮らし。趣味は音楽、特に邦ロックが好き。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ・お仕事の依頼についてはこちら

けむをフォローする
テクノロジー
スポンサーリンク
けーごまどっとこむ。